液肥雨が続くと・・・
カテゴリー  有機土壌活性液 2010/3/26(金)00:00
春作準備天候に左右されなかなか進みません。

使う肥料が食品残渣をリサイクルした液肥ということもちょっと関係してきます。

液体=散布=雨が降った状態と同じ、先日にんじんを播種した隣の畝肥料を散布

した後耕転したのですが・・・・・

まだ土の粒度分布が悪いこと、圃場が十分乾いていないことなどいろんな事が

重なり写真のようなお団子になってしまいます。

2010032215030000.jpg

この写真の右側が散布した畝ですが、反当たり3tを基準にすると、約10リットルで畝3m

ちょっと結構な雨と同じ状態になっちゃいます。

2010032217390001.jpg

写真で見るより実際はごろごろしてます。

後はもう一つは・・・PHが酸性へと向かうので、それが落ち着くまで1週間?10日

程度計算したうえで播種時期を合わせること、いろんなことで、天候が1?2日ごとに

替わる春先は大変です。

ただ循環型の液肥を使うにはしょうがないこと、もっと耕作土の粒度分布、排水性

まだまだ改良していき、乗り切ることが必要です。

ハウス栽培も今年度は計画中ですが、全部ハウスにってわけにもいきませんから

基本露地ですし・・・

2010030816530000.jpg

もうひとつ今回初めて紹介させてもらう、液肥を使ってお米を作ろう、実習田

が上の写真です。

栽培面積は、三畝程度しかありませんが、液肥とすみやさんの白炭を

使用して作っていこうと思ってます。

ここもちょっとづつ紹介していきます。





-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
地域循環型農業 楽農や
農業生産法人株式会社『Teams』
〒669-5302 兵庫県豊岡市日高町岩中208

お問い合わせは、こちら

電話:0796-42-2244
FAX:0796-42-2294
PC:お問い合わせ

facebook:rakunouya
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
閲覧(4887)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧